小林製薬商品のネーミングセンスは抜群!

 

小林製薬と聞いてどんな商品を思い出しますか?

 

小林製薬では商品のネーミングを付けるにあたって「覚えやすく リズム感があり 1秒でわかる」をモットーとしています。

 

 

実際何気なく点けていたテレビから流れてきたCMで一度耳にしただけでも記憶に残ってしまうようなネーミングが多いのです。

 

聞いただけでどんな時に使う商品かという事まで即座に理解する事が出来るのです。

 

 

例えばダジャレ系ネーミングで言いますと「熱さまシート」熱をさますシート、「シビラック」しびれを楽にしてくれる、「ケシミン」シミを消してくれるなど、分かりやすく語呂もいいのが特徴です。

 

他にも「イララック」「なめらかかと」「サカムケア」「ガスピタン」「のどぬ〜る」など一度は耳にした事がある分かりやすい商品が多いです。

 

「コリホグス」にいたってはもうそのまんまですから。

 

「キズアワワ」などといった可愛らしいしかも子供にも受け入れられそうなネーミングに小林製薬のセンスが表れています。

 

 

また、もうネーミングというよりは説明文ではと思わせるほどに単刀直入のものも多数あります。

 

「ブルーレットおくだけ」「トイレその後に」「チン!してふくだけ」「髪の毛集めてポイ」など、子供からお年寄りまで誰が聞いてもどんな効果が得られるのかが分かる簡単さが潔く消費者にとっては親切でもあります。

 

「スマートフォンふきふき」に関してはもうこれ以上のアイデアはないであろうと思わせるほどに完璧です笑

 

 

売り場を見ている消費者側の立場にたって考えられているのが嬉しいですし、見ていて楽しい気分にもさせてくれます。

 

そしてこんな便利な物があるんだと気づかせてくれるきっかけにもなる耳に残る名前を提供してくれる小林製薬のセンスに脱帽です。

 

 

小林製薬についてトップページへ